あったか連帯ウェブ 日本共産党参議院議員山下よしき
トップページ ご意見・ご要望をお寄せくださいサイト内検索


■新着情報■

第177通常国会はじまる 野崎小唄をうたったのは誰?

2011年01月24日

photo 第177通常国会が開会しました。党国会議員団総会で志位委員長は、@古い自民党政治の執行者となった民主党政権と真正面から対決する、A批判とともに展望を示す、B国民のたたかいと連帯する、という立場で論戦しようとよびかけました。よしがんばろう!

photo 国民大運動実行委員会のデモを参院議員面会所前で出迎え。消費税増税、TPP参加、普天間県内移設に反対するたたかいが国会初日から展開されました。こころづよい!

photo 「生かそう憲法! 輝け9条 1・24院内集会」(主催:2011年5・3憲法集会実行委員会)に参加。市田書記局長から国会情勢報告がされたので、私は昨年末、地元の大阪・大東市にできた「野崎さんじょう館」のいわれをお話。

 二度と戦争はしない軍隊は持たないときめた憲法9条、誰もが幸せに生きることを求める権利があるとした憲法13条、そして誰もが健康で文化的な人間らしい生活を営む権利があるとした憲法25条――9条、13条、25条の3つで「野崎さんじょう館」とつけられたと紹介するとみなさん感激してくれました。憲法を守る草の根の力は、じわじわと、しかし着実にひろがっています。

 ところで、野崎を紹介するのに、近松半二の文楽、お染・久松の「野崎村」と、東海林太郎さんの「野崎小唄」を挙げたのですが、野崎小唄が東海林太郎さんだったかどうか記憶があいまいだったのでお隣の市田さんにたずねると、「間違いない」といって歌詞まで教えてくれました。さすがです。

photo 夕刻、参院本会議で政府4演説を聴取。菅首相の施政方針演説は、1年半前、国民から寄せられた期待を裏切り、社会保障は切り捨て、大企業には法人税減税、そして国民には消費税増税を押しつける道をすすめながら、「社会保障と財源の問題を与野党で協議することを提案する」「責任は与野党の国会議員全員が負っている」と開き直って野党を恫喝するものでした。

 与党時代、同じことを言っていた自民・公明両党には打ち返すのが難しいボールです。しかし、日本共産党は違います。社会保障と財源の問題でも、志位委員長が提起した「対決し」「展望示し」「国民とたたかう」立場で堂々と受けて立ちたいと思います。

 

感想をお寄せください。(メールニュースなどで紹介する場合があります)
■おなまえ
 ※必須
■ペンネーム(ハンドルなどを匿名希望の場合ご記入ください)
 
■メールアドレス《email》
 ※必須
■ご感想(300字まで)
 

   
ページ最上部へ   トップページへ    

 ■山下芳生国会事務所  〒100-8962 東京都千代田区永田町2-1-1 参議院議員会館1123号室 TEL:03-6550-1123 FAX:03-6551-1123

 日本共産党国会議員団近畿ブロック事務所〒537-0025 大阪市東成区中道1-10-10ホクシンピース森ノ宮102 TEL:06-6975-9111 FAX:06-6975-9115

本サイトへのリンクや、文書・写真などの複製・転載などにつきましては、事前にご連絡をくださるようお願い致します。
Copyright since 2003, Japanese Communist Party. All right reserved.