あったか連帯ウェブ 日本共産党参議院議員山下よしき
トップページ ご意見・ご要望をお寄せくださいサイト内検索


■新着情報■

菅首相と谷垣総裁の党首討論をきいて

2011年02月09日

 菅首相と谷垣自民党総裁との党首討論がありました。ケンカ腰のやりとりを通じて、消費税増税の翼賛体制ぶりがうきぼりとなりました。

 菅首相は、昨年の参院選で「消費税10%」に触れたことが国民から厳しい審判を受けたことを「反省」し、消費税からはじめるのではなくて、まず「社会保障のあるべき姿」を示し(4月)、そのために必要な税制の案を示す(6月)という考えを述べました。

 まさに“はじめに消費税増税ありき”です。これでは医療も、年金も、介護も、国民が安心できるまともな「姿」が検討されることは期待できません。現に、民主党政権は、後期高齢者医療制度の「撤廃」、国保の「国庫負担増額」という公約を投げ捨てたうえに、自公政権ですらできなかったさらなる改悪をすすめています。

 片や、谷垣総裁も、消費税増税では自民と民主の間に違いがない、民主党政権で社会保障と税を審議しているメンバーもほぼ同じだ(与謝野、柳沢両氏のことでしょう)と認めたうえで、「解散総選挙で信を問い、どっちが勝っても協力して(消費税増税を)やっていこう」と呼びかけました。

 これではいくら大声で“言い合い”をしてみても、話の中身の対決にはなりません。国民に希望と展望が伝わる討論にもなりません。

 国民が安心できる社会保障のあるべき姿とはどういうものか、それを支える財源はどのようにしてつくるか――日本共産党の解決策を堂々と示す国会論戦に挑戦したいと思います。きょうからそのための本格的準備に入りました。

感想をお寄せください。(メールニュースなどで紹介する場合があります)
■おなまえ
 ※必須
■ペンネーム(ハンドルなどを匿名希望の場合ご記入ください)
 
■メールアドレス《email》
 ※必須
■ご感想(300字まで)
 

   
ページ最上部へ   トップページへ    

 ■山下芳生国会事務所  〒100-8962 東京都千代田区永田町2-1-1 参議院議員会館1123号室 TEL:03-6550-1123 FAX:03-6551-1123

 日本共産党国会議員団近畿ブロック事務所〒537-0025 大阪市東成区中道1-10-10ホクシンピース森ノ宮102 TEL:06-6975-9111 FAX:06-6975-9115

本サイトへのリンクや、文書・写真などの複製・転載などにつきましては、事前にご連絡をくださるようお願い致します。
Copyright since 2003, Japanese Communist Party. All right reserved.