あったか連帯ウェブ 日本共産党参議院議員山下よしき
トップページ ご意見・ご要望をお寄せくださいサイト内検索


■新着情報■

NHK新会長に戦争と放送について問う 藤田スミさん逝く

2011年03月31日

 総務委員会で2011年度NHK予算案の審議。例年ならNHKで録画放送されるのですが今年は震災の関係で放送はありませんでした。

 冒頭、松本正之NHK新会長に戦争と放送の歴史についての認識を問いました。

 2月27日放送のNHKスペシャル「日本人はなぜ戦争に向かったのか」第3回「熱狂はこうしてつくられた」は、日本放送協会の総裁が終戦まで近衛文麿だった事実、日本が中国に対する全面的な侵略戦争にすすんだとき(1937年)、近衛は首相として「戦意高揚演説会」を開催し、演説とともに拍手と歓声をラジオ中継で全国に伝えた事実を描きました。

 日本とアジアの数多の命を奪った侵略戦争という愚かな行為に、当時のメディア、とりわけラジオは深くかかわり、人々の考えや心情に強い影響を与えました。こうした痛苦の教訓をふまえて、1950年に制定された放送法第1条2項には、「放送の不偏不党、真実及び自律を保障することによって、放送による表現の自由を確保すること」と明記されたのです。

 この歴史の教訓について、松本NHK新会長に認識をたずねたのですが、放送法1条の内容は語るのに、歴史については一言も語りませんでした。

 私が、「放送法の内容は、歴史の教訓をふまえてできたものだという認識が大事ではないか」と何度たずねても、「それ(歴史)とは別に放送法は守る」と答えるばかり。

 残念です。これまで放送とはまったく別の分野(国鉄→JR東海)で活動してきた松本氏。しかし、NHK会長に就任した以上、放送の歴史の教訓について語れない(語らない)のでは務まりません。今後を注視したいと思います。

 質問では、NHK会長の選考方法の見直し、東日本大震災の被災者支援情報の放送、地デジ問題についても提案しました。

 ★夜、敬愛する藤田スミ元衆院議員の訃報が届きました。私が参院大阪選挙区の候補になったとき、どれだけあたたかく励まして下さったことか。長期療養されていたのですが、とうとうお別れとなりました。



  

感想をお寄せください。(メールニュースなどで紹介する場合があります)
■おなまえ
 ※必須
■ペンネーム(ハンドルなどを匿名希望の場合ご記入ください)
 
■メールアドレス《email》
 ※必須
■ご感想(300字まで)
 

   
ページ最上部へ   トップページへ    

 ■山下芳生国会事務所  〒100-8962 東京都千代田区永田町2-1-1 参議院議員会館1123号室 TEL:03-6550-1123 FAX:03-6551-1123

 日本共産党国会議員団近畿ブロック事務所〒537-0025 大阪市東成区中道1-10-10ホクシンピース森ノ宮102 TEL:06-6975-9111 FAX:06-6975-9115

本サイトへのリンクや、文書・写真などの複製・転載などにつきましては、事前にご連絡をくださるようお願い致します。
Copyright since 2003, Japanese Communist Party. All right reserved.