あったか連帯ウェブ 日本共産党参議院議員山下よしき
トップページ ご意見・ご要望をお寄せくださいサイト内検索


■新着情報■

村木厚子さんを招いて質疑 取り調べの全面可視化を! 

2011年04月18日

photo 厚生労働省元局長の村木厚子さんを参考人に招いて行政監視委員会が開かれました。村木さんは、まったく身に覚えのない罪で大阪地検特捜部に逮捕され、163日間拘置所に拘留されたのち、裁判で無罪が確定した経験を持っています。

 委員会冒頭、村木さんは検察のあり方について「問題点と改善してほしい点」を整理して発言されました。

 問題点として、@事実と異なる調書が大量に作られたこと――「村木さんがかかわった」という調書が3〜40通作られた。1人の検事ではなく、何人もの検事がチームとして、事実と異なるストーリーに沿って調書を作成した。A客観的証拠が軽視されたこと、の2点を指摘。

 全国の検事のうち26%が、実際の供述と異なる調書を作るよう指示された経験があるという最高検の調査結果も示し、「これまでも何度もあったし、これからも何度も起こるだろう」と述べました。重い言葉です。

 そのうえで、改善してほしい点として、@調書にだけ重きを置く捜査、公判をやめて、客観的証拠の重視を、A調書にいたるまでの取り調べの全面的な録画・録音を、B客観的証拠の開示を、C弁護人の立会いの強化を、D検察組織のあり方の総括を、の5点を挙げました。

 まったく同感です。

 関連資料も含め、今回の事件の経過全体を知り、村木さんのたたかいに敬意を表するとともに、もし村木さんが検察の不当な見立て捜査に屈していたら…と考えるとゾッとします。

 取り調べの全面可視化、弁護人の立会い強化がなんとしても必要です。

 私からは、逮捕時の権利保障、取り調べ時の人権侵害、不当な見立ての背景などを質問しました。

感想をお寄せください。(メールニュースなどで紹介する場合があります)
■おなまえ
 ※必須
■ペンネーム(ハンドルなどを匿名希望の場合ご記入ください)
 
■メールアドレス《email》
 ※必須
■ご感想(300字まで)
 

   
ページ最上部へ   トップページへ    

 ■山下芳生国会事務所  〒100-8962 東京都千代田区永田町2-1-1 参議院議員会館1123号室 TEL:03-6550-1123 FAX:03-6551-1123

 日本共産党国会議員団近畿ブロック事務所〒537-0025 大阪市東成区中道1-10-10ホクシンピース森ノ宮102 TEL:06-6975-9111 FAX:06-6975-9115

本サイトへのリンクや、文書・写真などの複製・転載などにつきましては、事前にご連絡をくださるようお願い致します。
Copyright since 2003, Japanese Communist Party. All right reserved.