あったか連帯ウェブ 日本共産党参議院議員山下よしき
トップページ ご意見・ご要望をお寄せくださいサイト内検索


■新着情報■

内閣不信任案提出に大義はあるのか?

2011年05月31日

 永田町がにわかにざわつき始めました。午後、自民党が内閣不信任案を明日の党首討論後に提出することを決めたとのニュースが流れたからです。

 私が出席していた総務委員会理事会でも、各党理事らが「提出されればあさっての委員会は開催できないな」などとこの話題で持ちきりでした。

 しかし、ちょっと待ったといいたい。今回の内閣不信任案提出に国民的大義はあるのか?

 不信任案が可決されれば、衆院解散か内閣総辞職しかありません。いま解散・総選挙をやっている場合でないことは自明です。だとすれば、菅首相が辞めたあと、誰が首相になれば、大震災の復旧・復興がすすみ、福島原発事故が収束すると考えているのか?

 そのあたりの展望がまったく見えてきません。仮に、自民党・谷垣総裁と民主党・小沢元代表が手を組んで政権に就くことを考えているとするなら、党利党略の談合政治です。被災地のことを考える立場は微塵もない、ただの権力争いです。

 日本共産党は、菅内閣の消費税10%への引き揚げ、普天間基地の沖縄「県内」移設、TPP参加推進、大震災と原発事故対応のまずさなどの理由から、「不信任案が提出されれば、信任できないので賛成する」(市田書書記局長)との立場をすでに表明しています。

 だからといって、大義なき不信任案の提出に賛成しているわけではありません。

感想をお寄せください。(メールニュースなどで紹介する場合があります)
■おなまえ
 ※必須
■ペンネーム(ハンドルなどを匿名希望の場合ご記入ください)
 
■メールアドレス《email》
 ※必須
■ご感想(300字まで)
 

   
ページ最上部へ   トップページへ    

 ■山下芳生国会事務所  〒100-8962 東京都千代田区永田町2-1-1 参議院議員会館1123号室 TEL:03-6550-1123 FAX:03-6551-1123

 日本共産党国会議員団近畿ブロック事務所〒537-0025 大阪市東成区中道1-10-10ホクシンピース森ノ宮102 TEL:06-6975-9111 FAX:06-6975-9115

本サイトへのリンクや、文書・写真などの複製・転載などにつきましては、事前にご連絡をくださるようお願い致します。
Copyright since 2003, Japanese Communist Party. All right reserved.