あったか連帯ウェブ 日本共産党参議院議員山下よしき
トップページ ご意見・ご要望をお寄せくださいサイト内検索


■新着情報■

ソニー仙台の大量解雇は復興に水をさす行為だ!

2011年07月13日

photo こんな“人間の使い捨て”を許すわけにはいかない!!!「震災でも繰り返された派遣切り なんでやらない派遣法抜本改正7・13院内集会」で派遣・非正規雇用労働者の叫びを聞いてあらためて怒りを覚えました。

 ソニー仙台は、建物の津波被害を理由に、正社員280名を広域配転するとともに、期間社員150名を雇い止めしようとしています。集会には6人の期間社員が参加して発言されました。

 「請負(偽装)、派遣と10年以上1円も賃金が上がりませんでした。それでも欠勤なくまじめに一所懸命働いてきたのはソニーに対する愛社精神と将来正社員になれるという希望からでした。被災の復旧活動も非正規社員は必死になって泥まみれで活動しました。それを15分の面談で契約終了のサインをしろというのは本当に悲しく寂しく思います」

 「会社の『復旧させる』という言葉を信じて、長靴を買って、朝から3時間かけて会社に出勤していたのに、突然自宅待機を命じられ、最後には解雇。震災後すぐに復旧しようと集まった人たちのがんばりを踏みにじる行為にしか思えません。飢え死にしろといっているようなものです」

 津波で全壊した地元の中堅企業が歯を食いしばって雇用を守っているときに、世界のソニーがさっさと事業縮小・大量解雇するとは、地域経済の復興に貢献するどころか冷や水を浴びせるものです。いったい大企業の社会的責任はどこにあるのか!?

 ソニーだけではありません。震災を口実にしたあらたな「派遣切り」、「非正規切り」、賃下げが被災地だけでなく全国各地で起こっています。派遣法の抜本改正に背を向け、抜け穴だらけの「改正」案を提案した民主党政権、それすら妨害する自民・公明両党の責任も問われています。

 復興の影で広がっている見過ごせないこの問題をしっかり調査し、国会でも取り上げたいと思います。

 


感想をお寄せください。(メールニュースなどで紹介する場合があります)
■おなまえ
 ※必須
■ペンネーム(ハンドルなどを匿名希望の場合ご記入ください)
 
■メールアドレス《email》
 ※必須
■ご感想(300字まで)
 

   
ページ最上部へ   トップページへ    

 ■山下芳生国会事務所  〒100-8962 東京都千代田区永田町2-1-1 参議院議員会館1123号室 TEL:03-6550-1123 FAX:03-6551-1123

 日本共産党国会議員団近畿ブロック事務所〒537-0025 大阪市東成区中道1-10-10ホクシンピース森ノ宮102 TEL:06-6975-9111 FAX:06-6975-9115

本サイトへのリンクや、文書・写真などの複製・転載などにつきましては、事前にご連絡をくださるようお願い致します。
Copyright since 2003, Japanese Communist Party. All right reserved.