あったか連帯ウェブ 日本共産党参議院議員山下よしき
トップページ ご意見・ご要望をお寄せくださいサイト内検索


■新着情報■

首都圏の地区委員会総会におじゃましました

2011年07月24日

photo 朝4時に起床し、大阪の自宅を出て、午前10時から首都圏のある日本共産党地区委員会におじゃましました。第3回中央委員会総会の決定を討論し具体化する総会です。

 地区委員長さんの報告は、涙が出るほどの“いい話”がふんだんに盛り込まれ、来年7月15日までの期間でとりくむ「党創立90周年をめざす党員拡大を中心とした党勢拡大大運動」をなんとしても成功させようという決意がビンビン伝わってくるものでした。

 そして、討論がまたよかった。この地区委員会は、全国屈指の職場支部が多い地区ですが、厳しい攻撃のもとでどうすれば新たな党員を迎えられるか、真剣な討論がおこなわれました。討論から私が学んだことは次の4点です。

 @1年間ですべての支部が新しい党員を迎えるという目標について「すぐにはできない」「いままでもがんばってきた」という率直な思いから出発しながら、3中総決定を繰り返し読んで、いまの政治情勢の特徴(=客観的には日本の政治が大きく変わる歴史的前夜)を、自分の頭で納得するまで考えつかむ、自己変革の姿勢。

 A国民意識の変化が本当にあるのか、地域や職場で「原発ゼロ署名」などに足を踏み出してみる、実践で検証する姿勢。

 B「原発ゼロ」の対話のなかでも、その根本に大企業中心、アメリカ追従という日本の政治の「2つの異常」があリ、そこから抜け出す展望まで語ることが待たれているし、そこを語ってこそ党への共感になるという、綱領的確信を重視する姿勢。

 C職場での結びつきの基礎は「仕事」を通じた信頼であること、同時に、成果主義賃金の経験や大震災を体験するなかで、労働者のなかに「分断」「利益第一主義」から「連帯」「共生」を求める意識の変化が広がっていることをとらえる、敏感性。

 以上、夕方4時過ぎまで、たいへん水準の高い討論で、とても刺激になりました。職場の中に強く大きな党をつくるために、ともにがんばりたいと思います。


感想をお寄せください。(メールニュースなどで紹介する場合があります)
■おなまえ
 ※必須
■ペンネーム(ハンドルなどを匿名希望の場合ご記入ください)
 
■メールアドレス《email》
 ※必須
■ご感想(300字まで)
 

   
ページ最上部へ   トップページへ    

 ■山下芳生国会事務所  〒100-8962 東京都千代田区永田町2-1-1 参議院議員会館1123号室 TEL:03-6550-1123 FAX:03-6551-1123

 日本共産党国会議員団近畿ブロック事務所〒537-0025 大阪市東成区中道1-10-10ホクシンピース森ノ宮102 TEL:06-6975-9111 FAX:06-6975-9115

本サイトへのリンクや、文書・写真などの複製・転載などにつきましては、事前にご連絡をくださるようお願い致します。
Copyright since 2003, Japanese Communist Party. All right reserved.