あったか連帯ウェブ 日本共産党参議院議員山下よしき
トップページ ご意見・ご要望をお寄せくださいサイト内検索


■新着情報■

東電マネーと朝日新聞

2011年08月17日

 民主党代表選の特集が組まれた週刊誌数誌を買って読んでみました。う〜ん。どれも予定候補の個人的経歴を、茶化したり、逆に持ち上げすぎたりと、表面的な報道にとどまっていて物足りない。

 新聞も同じですが、どうして政権交代からわずか2年で民主党政権が行き詰まったのか、政治の根本問題に、太い線で、鋭く切り込む記事がありません。だから読んでいても元気にならない。ある週刊誌の特集のタイトルは「あーあ、民主党 こんな奴らが総理かよ」。たしかにそういう面はあるし、国民の気分をつかんでいるとは思うけど…

 記事の最後が、「あまりにも『パッとしない代表選』。国民は、菅政権よりマシになることを願うしかないのか」では、夢も希望もありません。いまこそ、真実を伝え、読めば希望が湧いてくる「しんぶん赤旗」をたくさんの人に読んでもらおう!というのが私の結論なのでした。

 ★そんな中、ひとつ注目すべき記事が。ある週刊誌の「メディア最大のタブー 東電マネーと朝日新聞」という特集です(『週刊現代』8月20・27日号)。

 東電が「朝日」に出した年間広告料は2億3000万円(推定、電事連等は除く)。それだけではありません。元取締役論説主幹はじめ「朝日」有力OBグループが、東電のPR誌をつくり、それをすべて買い上げてもらっていた。その額、年間1億4000万円!というスクープです。

 志位委員長は党創立89周年記念講演(8月1日)で「『原発マネー』で総なめにされた大手新聞には猛省を求める」と喝破し、電力業界が巨額の広告料で大手新聞を買収する工作は「朝日」から始まったと指摘しましたが、有力OBにまで原発マネーの毒が回っていたのかと、読んでいて虫唾が走りました。

 
 

感想をお寄せください。(メールニュースなどで紹介する場合があります)
■おなまえ
 ※必須
■ペンネーム(ハンドルなどを匿名希望の場合ご記入ください)
 
■メールアドレス《email》
 ※必須
■ご感想(300字まで)
 

   
ページ最上部へ   トップページへ    

 ■山下芳生国会事務所  〒100-8962 東京都千代田区永田町2-1-1 参議院議員会館1123号室 TEL:03-6550-1123 FAX:03-6551-1123

 日本共産党国会議員団近畿ブロック事務所〒537-0025 大阪市東成区中道1-10-10ホクシンピース森ノ宮102 TEL:06-6975-9111 FAX:06-6975-9115

本サイトへのリンクや、文書・写真などの複製・転載などにつきましては、事前にご連絡をくださるようお願い致します。
Copyright since 2003, Japanese Communist Party. All right reserved.