あったか連帯ウェブ 日本共産党参議院議員山下よしき
トップページ ご意見・ご要望をお寄せくださいサイト内検索


■新着情報■

東大阪市長選出発式 運動会で感じたこと

2011年09月25日

 きょうからはじまった東大阪市長選挙。明るい会の長尾淳三前市長の出発式に駆けつけました。私からは、長尾さんにどうしても市長に返り咲いてもらわなければならない3つの理由をお話。

photo 第1に、現市長のもとで市民の暮らしが大変になっているからです。現市長は、介護施設や公立保育所をつぶすことを「改革」と称して進めてきました。しかし、2年前の総選挙で、そういう福祉きりすて、貧困と格差を拡大する政治はNO!という国民の審判が下りました。長尾さんを返り咲かせて、お年よりも子どもも安心して暮らせる東大阪に切り替えましょう。

 長尾さんならやってくれることは市長2期5年間の実績が証明しています。24億円もかけるムダな上下水道庁舎の建設をやめて、高すぎる介護保険料の負担軽減を実現したのが長尾さん。自信をもって訴えよう。

photo 第2に、中小企業のまち東大阪で中小企業が泣いているからです。消費不況と異常円高に、東大阪のあちこちで悲鳴が上がっています。ところが現市長は、市の経済局の廃止を提案し、「景気対策は国の仕事だ」と市が果たすべき役割を放り出しています。こんな人に東大阪の中小企業の暮らしと営業は託せません。

 長尾さんは市長時代、幹部職員が先頭に立って全事業所を訪問調査、すばらしいものづくりの技術を東大阪ブランドとして全国に発信しました。中小企業への思い入れが違います。

photo 第3は、国の悪い政治から、市民を守るとりでになってほしいからです。野田首相は、消費税を10%に上げる法案を、来年3月までに出すといっています。弱いものいじめ、中小企業いじめ、そして被災者いじめの増税です。首相はこんなまちがった政治を、“赤信号みんなでわたれば怖くない”と、民主・自民・公明の数の多数で押し通そうとしています。

 そのうえ、国民の8割が「原発は縮小・撤退してほしい」を願っているのに、野田首相は国連で「原発はやめません。原発依存を続けます」と演説してしまいました。消費税増税はアカン!原発縮小・撤退で自然エネルギーへの切り替えを!の声を長尾さんに託してもらおう。

 震災後国民の意識が大きく変化しています。これまでの1人1人がバラバラにされ、競争と自己責任が強調される社会ではなしに、人と人との絆を大切にしたいという気持ちが国民全体で強まっています。

 この国民・市民の思いと、長尾さんがめざしてきた政治は、まったく同じ方向を向いているのではないでしょうか。確信をもって全ての市民に訴えよう。同時にたたかわれる東大阪市議選では、長尾さんを支える日本共産党の9人全員を押し上げてください。

 ★東大阪を離れ、3男の通う小学校の運動会へ。今年の運動会は熱中症が心配されましたが、幸いきょうは涼しく、時折曇り空になって一安心。力いっぱい走ったり、楽しそうに演技したりする子どもたちを見ているだけでうれしくなりました。

 5・6年生の組体操はいつみても感動します。全員で力と心を合わせて表現する形、ひとつひとつに保護者からは大きな拍手が贈られました。

 扇形やピラミッド…真剣な表情で友達といっしょにまっすぐに前を向く子どもたちを見ていて感じました。10年後、この子たちの2人に1人が正社員になれずに苦しむような社会であってはならないと。子どもたちの未来にたいする政治の責任は重い。

 組み体操と関係ない話かもしれませんが、子どもたちの懸命な姿にその思いが強まりました。

感想をお寄せください。(メールニュースなどで紹介する場合があります)
■おなまえ
 ※必須
■ペンネーム(ハンドルなどを匿名希望の場合ご記入ください)
 
■メールアドレス《email》
 ※必須
■ご感想(300字まで)
 

   
ページ最上部へ   トップページへ    

 ■山下芳生国会事務所  〒100-8962 東京都千代田区永田町2-1-1 参議院議員会館1123号室 TEL:03-6550-1123 FAX:03-6551-1123

 日本共産党国会議員団近畿ブロック事務所〒537-0025 大阪市東成区中道1-10-10ホクシンピース森ノ宮102 TEL:06-6975-9111 FAX:06-6975-9115

本サイトへのリンクや、文書・写真などの複製・転載などにつきましては、事前にご連絡をくださるようお願い致します。
Copyright since 2003, Japanese Communist Party. All right reserved.