あったか連帯ウェブ 日本共産党参議院議員山下よしき
トップページ ご意見・ご要望をお寄せくださいサイト内検索


■新着情報■

社保庁不当解雇の「裏マニュアル」で厚労省が調査結果を報告に

2011年11月03日

 5月16日の参院行政監視委員会で、私は、社会保険庁の解体・民営化(2009年末)に伴い、厚生労働省が社保庁職員を同省に転任させる面接の際、「裏マニュアル」を作成していた問題を追及しました。

 「裏マニュアル」には、「相手のホンネを引き出す裏技」として、「これで面接は終了です。お疲れ様でした」と安堵感を与えてボロを出させる手法まで書かれています。内容を読み上げると、委員会室はどよめき、小宮山洋子厚生労働副大臣(当時)も、「こうしたマニュアルは適切ではない。調査する」と答弁せざるをえませんでした。

 10月31日、その調査結果の報告のために厚生労働省大臣官房参事官が私の部屋にやってきました。厚労省の報告文書には、「内容の適否を十分吟味しないまま面接の参考資料として使用した」「面接への配慮に欠けていた」とありました。

 きわめて重大な問題です。このときの面接で、社保庁のベテラン職員525人が分限免職(解雇)されたのですから。

 報告文書は、「紹介されている手法を、面接において使用した者はいなかったことから、面接への影響は無かったと考えられる」としていますが、それは事実と違います。現に分限免職となった職員からは、「裏マニュアル」に書いてある通りの対応をされたとの声が出ています。

 @「裏マニュアル」をすべての面接担当者(内部部局9人、地方厚生局58人)に配布した、Aそれは「面接への配慮に欠けていた」、と認めるのなら、分限免職を撤回し、厚労省や日本年金機構に採用すべきです。

 

感想をお寄せください。(メールニュースなどで紹介する場合があります)
■おなまえ
 ※必須
■ペンネーム(ハンドルなどを匿名希望の場合ご記入ください)
 
■メールアドレス《email》
 ※必須
■ご感想(300字まで)
 

   
ページ最上部へ   トップページへ    

 ■山下芳生国会事務所  〒100-8962 東京都千代田区永田町2-1-1 参議院議員会館1123号室 TEL:03-6550-1123 FAX:03-6551-1123

 日本共産党国会議員団近畿ブロック事務所〒537-0025 大阪市東成区中道1-10-10ホクシンピース森ノ宮102 TEL:06-6975-9111 FAX:06-6975-9115

本サイトへのリンクや、文書・写真などの複製・転載などにつきましては、事前にご連絡をくださるようお願い致します。
Copyright since 2003, Japanese Communist Party. All right reserved.