あったか連帯ウェブ 日本共産党参議院議員山下よしき
トップページ ご意見・ご要望をお寄せくださいサイト内検索


■新着情報■

大阪自治労連旗びらき、大商連新年互礼会で元気をもらいました

2012年01月05日

photo

 古くからの友人たちと新年のあいさつを交わし決意を語り合うことは、自分を原点に立ち返らせてくれるようでいいものです。大阪自治労連の旗びらき、大商連の新年互礼会をはしごしました。

 大阪自治労連の旗びらきでは、民主青年同盟の活動でともにがんばった仲間たちが、本部や各単組の幹部として大勢参加していました。「久しぶり。元気でやってる?」の一言で打ち解けた会話ができるのがうれしい。青年運動のなかから各分野の幹部が育つんだとあらためて実感するとともに、あの頃の仲間たちがいま果たしている役割にうれしく誇らしい気持ちになりました。(写真上は、オープニングで披露された大阪センチュリー交響楽団の女性カルテットのみなさんによる「アイネ・クライネ・ナハトムジーク」などの演奏の様子)

photo 前田委員長は、大震災・原発事故、大阪ダブル選挙と怒涛のような昨年1年を振り返りながら自治体労働者の役割を強調。橋下徹大阪市長の労働組合に対する宣戦布告は、自治体労働者を「市民全体の奉仕者」から「市長の奉仕者」に変質させる攻撃であり、黙って見過ごすわけにはいかないとたたかう決意を述べられました。そのとおり!私も“住民への攻撃”としてともにたたかいたい。

 ★途中から参加した大商連の互礼会では、清水ただし衆院候補と壇上で並んであいさつ。すでにかなり出来上がっていたせいもあるでしょうが、会場からは随所で「そうや」「ええぞ」の掛け声と拍手が返ってきて熱気を感じました。

photo

photo テーブルを回ると、私が初めて国政に挑戦した20年前から応援してくれている方々がずらり。各テーブルごとに「山下さんたくましなったな。最初見たときはおぼこかったのに」などの声がバンバンかかり、どうすれば選挙で勝てるか、それぞれの考えるところを率直かつ真剣に語っていただきました。これも大変うれしいことでした。

photo どんなに厳しい不況でも、「自殺したらアカン」と仲間と励ましあい歯を食いしばって生き抜いてきた大阪の中小業者のみなさんには、人間の強さと美しさを教えられてきました。大激動の時代。この人たちとともに、まじめに働く人々が大事にされ希望のもてる政治をなんとしてもつくりたいと決意をあらたにすることができました。


 

感想をお寄せください。(メールニュースなどで紹介する場合があります)
■おなまえ
 ※必須
■ペンネーム(ハンドルなどを匿名希望の場合ご記入ください)
 
■メールアドレス《email》
 ※必須
■ご感想(300字まで)
 

   
ページ最上部へ   トップページへ    

 ■山下芳生国会事務所  〒100-8962 東京都千代田区永田町2-1-1 参議院議員会館1123号室 TEL:03-6550-1123 FAX:03-6551-1123

 日本共産党国会議員団近畿ブロック事務所〒537-0025 大阪市東成区中道1-10-10ホクシンピース森ノ宮102 TEL:06-6975-9111 FAX:06-6975-9115

本サイトへのリンクや、文書・写真などの複製・転載などにつきましては、事前にご連絡をくださるようお願い致します。
Copyright since 2003, Japanese Communist Party. All right reserved.