あったか連帯ウェブ 日本共産党参議院議員山下よしき
トップページ ご意見・ご要望をお寄せくださいサイト内検索


■新着情報■

ミャンマーのホテルより

2012年01月07日

photo いまミャンマーのホテルからブログを更新しています。参院ODA調査派遣できょう(7日)から8日間、ミャンマー、ラオス、タイの東南アジア3カ国を訪問します。

 調査団のメンバーは、団長が中村博彦(自民)氏、団員に石橋通宏(民主)、二之湯智(自民)、松田公太(みんな)の各氏と私、山下芳生(共産)です。

 朝、成田を出発、タイ・バンコクを経由してミャンマー・ヤンゴンに入り、空港から在ミャンマー日本国大使公邸に直行。齊藤隆志大使とミャンマー情勢などについて意見交換しました。

 ご存知のように、ミャンマーはいま世界中が注目している国です。長く続いた軍政から、2010年に総選挙を実施、2011年2月文民大統領を選出して民政移管。その後、テイン・セイン大統領率いる新政権は、野党・国民民主連盟(NLD)の指導者アウン・サン・スー・チー女史との対話、メディア規制の解除、労働法改正(組合の容認など)、選挙法改正(NLD容認)など国際社会が驚くテンポで改革を進めました。

 スー・チー氏も新政権の変化を歓迎、対話・協力姿勢を示しました。NLDは12月に政党として再登録。12月にはクリントン米国務長官が初訪問しました。ASEANも12月、2014年の議長国就任を承認しています。

 明日(8日)、日本の対ミャンマー経済協力の現場をいくつか視察し、あさって(9日)、ミャンマーの政府要人と懇談する予定です。政治的に大きく変化するミャンマーの姿を肌で感じたいと思います。

感想をお寄せください。(メールニュースなどで紹介する場合があります)
■おなまえ
 ※必須
■ペンネーム(ハンドルなどを匿名希望の場合ご記入ください)
 
■メールアドレス《email》
 ※必須
■ご感想(300字まで)
 

   
ページ最上部へ   トップページへ    

 ■山下芳生国会事務所  〒100-8962 東京都千代田区永田町2-1-1 参議院議員会館1123号室 TEL:03-6550-1123 FAX:03-6551-1123

 日本共産党国会議員団近畿ブロック事務所〒537-0025 大阪市東成区中道1-10-10ホクシンピース森ノ宮102 TEL:06-6975-9111 FAX:06-6975-9115

本サイトへのリンクや、文書・写真などの複製・転載などにつきましては、事前にご連絡をくださるようお願い致します。
Copyright since 2003, Japanese Communist Party. All right reserved.