あったか連帯ウェブ 日本共産党参議院議員山下よしき
トップページ ご意見・ご要望をお寄せくださいサイト内検索


■新着情報■

野党NLD幹部と懇談 ミャンマーの風景 

2012年01月10日

photo 1月10日、アウンサン・スー・チー女史が率いるミャンマーの国民民主連盟(NLD)幹部と懇談することができました。NLDスポークスマン兼中央執行委員会委員のニャン・ウィン弁護士(写真右)と同じく中央執行委員会委員のオン・チャイン氏(同左)です。

 2人とも軍事独裁政権のもとで長期にわたって投獄された経験を持つ闘志です。私は日本共産党の故・宮本顕治元議長の獄中闘争も紹介したうえで、NLDの不屈の闘争に敬意を表しました。

 懇談を通じてNLDが現在のテイン・セイン政権の一連の改革(民主化や少数民族との和解)を評価していること、2010年の総選挙はボイコットしたNLDですが今年4月の補欠選挙には候補者を立てる方針であることがわかりました。

 ミャンマーの変化は今後も継続していく可能性があります。それがどの方向にどのような形で進むのか、引き続き注視したいと思います。

photo ★ヤンゴン市内のリハビリ病院を視察しました。日本の協力でリハビリ技術の向上をめざすプログラムが実施されていました。日本での研修も含め5年間で150人がグレードアップするそうです。

 義足づくりの作業場にはこの道40年のベテラン職人もいました。

photo【ミャンマーの風景】
 ミャンマー最大の都市ヤンゴンは緑の豊かな街でした。(宿泊したホテルの窓から)

photo ヤンゴン市内中心部の街並みと道路を走るトラック型バス。普通の中古バスもあるのですがこのタイプのほうが多かった。

photo 満員のバスの後ろに鈴なりにつかまる乗客。つかまっているのは主に若い男性でした。椅子席は子どもやお年より、女性に優先してゆずるルールがあるようです。日本も見習わなくては…

photo ヤンゴン市内を流れる川。川を行きかう舟はこの国の大事な輸送手段です。

photo ヤンゴン郊外の農村風景。温暖で水が豊富なミャンマーの基幹産業は農業です。

photo【会談した要人たち】
 2005年、ヤンゴンから北に約320kmの距離にあるネーピードーに首都機能が移転されました。新しく建てられた国会議事堂はまるで宮殿のよう。

photo ナンダー・チョー・ズワ国民代表院(下院)副議長と懇談しました。

photo アウン・ミン鉄道運輸大臣と懇談。

photo ティン・ナイン・テイン国家計画・経済開発大臣と懇談。

photo 大統領府内にて。

photo ソー・テイン工業大臣と。

photo 国会議事堂や大統領府のある首都ネーピードーの道路は片道10車線。滑走路のように広い。

photo マウン・ミン外務副大臣と懇談。

photo ネーピードーのホテルの水がめには花が浮かべてありました。このホテルにはクリントン米国務長官も宿泊したとのこと。

photo【ミャンマーの風景 その2】
 首都ネーピードーからヤンゴンへの帰りは飛行機の時間があわず高速道路をバスで。まわりは果てしない荒野。

photo ところどころ農村集落がありました。

photo ドライブインで働く若者たち。

photo ヤンゴンにあるシュエダゴン・パゴダ。ミャンマー国内のパゴダの中で最も有名なパゴダです。言い伝えでは西暦紀元前585年に建立され、15世紀半ばに改築されました。高さは99・6メートル。内部には仏陀の遺髪が祀られているといわれています。敷地内への入場は素足にならなければ許されません。

感想をお寄せください。(メールニュースなどで紹介する場合があります)
■おなまえ
 ※必須
■ペンネーム(ハンドルなどを匿名希望の場合ご記入ください)
 
■メールアドレス《email》
 ※必須
■ご感想(300字まで)
 

   
ページ最上部へ   トップページへ    

 ■山下芳生国会事務所  〒100-8962 東京都千代田区永田町2-1-1 参議院議員会館1123号室 TEL:03-6550-1123 FAX:03-6551-1123

 日本共産党国会議員団近畿ブロック事務所〒537-0025 大阪市東成区中道1-10-10ホクシンピース森ノ宮102 TEL:06-6975-9111 FAX:06-6975-9115

本サイトへのリンクや、文書・写真などの複製・転載などにつきましては、事前にご連絡をくださるようお願い致します。
Copyright since 2003, Japanese Communist Party. All right reserved.