あったか連帯ウェブ 日本共産党参議院議員山下よしき
トップページ ご意見・ご要望をお寄せくださいサイト内検索


■新着情報■

阪神・淡路大震災17年のメモリアル 今年も被災地に立ちました

2012年01月17日

photo

 1月17日。阪神・淡路大震災から17年目のメモリアルでした。今年も地震発生の午前5時46分、神戸市の諏訪山公園ビーナスブリッジで行われた“天国にいちばん近い追悼式”に参加しました。

photo 眼下に広がる夜明け前の神戸の街の灯。ここで17年前、瓦礫に埋もれあるいは業火に焼かれ6400名余の命が失われました。松平さんのトランペット、NPOアースのみなさんの読経が夜空に響きます。 

 阪神・淡路そして東日本大震災で犠牲となった方々への哀悼とともに、被災者の生活再建に対する公的支援を求めた17年間のたたかいに思いをはせました。

 実行委員長の安田秋成さん(86)は、「東北の人たちはもっと寒いはず」と外套を着ないで司会を務められました。被災者同士、人間同士の絆を大切にする安田さんの気迫を感じます。神戸大学の学生時代に被災した堀内照文、震災ボランティアに駆けつけた清水ただし両衆院比例候補も参加しました。

photo ★午前、市民追悼のつどいに参加。被災者支援でともにたたかってきた多くの人たちと今年も再会することができました。

photo ★午後、阪神・淡路大震災救援・復興兵庫県民会議と災害被害者支援と災害対策改善を求める全国連絡会(全国災対連)共催のメモリアル集会に参加。今年は阪神・淡路の教訓を東日本の被災者支援・復旧復興にどう生かすかをテーマに、岩手、宮城、福島の代表を招いて報告・交流が行われました。

 私がもっと感じたのは、阪神・淡路大震災以来の運動の蓄積が、東日本大震災の被災者の救援・復興に生きた力として働いているということです。

 長年、兵庫県民会議の事務局長をされてきた岩田伸彦さんは、「被災者生活再建支援法の第1次、第2次改正では、阪神・淡路大震災被災者への遡及適用も、特例救済措置も実現できなかったことは、ともに運動に取り組んできた被災者のみなさんには申し訳なく、忸怩たる思いはぬぐいきれません。しかし、私たちの運動の継続によって実現したものが、東日本大震災被災者の生業、暮らし再建に貢献できることに、大きな誇りをもちたいと思います」と述べられました。

 この言葉に、阪神・淡路の被災者の17年間のたたかいが詰まっていると思います。ともにたたかってきたものとして胸が熱くなりました。

 阪神・淡路でいま大問題になっている「借り上げ公営住宅」追い出し問題、災害援護資金の返済困難問題、自営業者の「2重ローン」問題はじめ、被災直後にまともな支援がなかったがために被災者がいまなお苦しめられている様々な問題もリアルに報告されました。

 岩手の鈴木露通さん(東日本大震災津波救援・復興岩手県民会議事務局長、いわて労連議長)、宮城の菊地修さん(東日本大震災復旧復興支援みやぎ県民センター事務局長、弁護士)、福島の齋藤和衛さん(福島県民主医療機関連合会事務局長)からは被災地の現状と課題とともに、「阪神・淡路のみなさんのたたかいにもっともっと学んで原発ゼロを世論にしていく。今後ともよろしくお願いします」との決意が語られました。

 世論と運動の高まりなしに実現する被災者の要求はひとつとしてありません。これが阪神・淡路以来のたたかいのいちばんの教訓です。国会に身をおくものの一人として、世論と運動の高揚に貢献する活動にいっそう身を入れて取り組みたいと思います。高橋ちづ子衆院議員も合流。

photo ★15日、東南アジアから関空に帰国したあと芦屋市へ。阪神・淡路の被災者支援をともにたたかった市民運動のみなさんの集会に駆けつけました。タイ政府洪水対策委員長に阪神・淡路以来の被災者支援運動の確信を伝えたことを報告。みなさんとても喜んでくれました。

 写真は、左から山村雅治さん(市民=議員立法実現推進本部)、私、早川和男さん(神戸大学名誉教授)、中島絢子さん(「公的援助法」実現ネットワーク)。作家の故・小田実さんとともにたたかった仲間です。

 ★16日は、早朝上京し党本部で職場対策委員会など。午後、新幹線で神戸へ。阪神・淡路と東日本大震災の被災者支援の運動の交流・懇親を行いました。

感想をお寄せください。(メールニュースなどで紹介する場合があります)
■おなまえ
 ※必須
■ペンネーム(ハンドルなどを匿名希望の場合ご記入ください)
 
■メールアドレス《email》
 ※必須
■ご感想(300字まで)
 

   
ページ最上部へ   トップページへ    

 ■山下芳生国会事務所  〒100-8962 東京都千代田区永田町2-1-1 参議院議員会館1123号室 TEL:03-6550-1123 FAX:03-6551-1123

 日本共産党国会議員団近畿ブロック事務所〒537-0025 大阪市東成区中道1-10-10ホクシンピース森ノ宮102 TEL:06-6975-9111 FAX:06-6975-9115

本サイトへのリンクや、文書・写真などの複製・転載などにつきましては、事前にご連絡をくださるようお願い致します。
Copyright since 2003, Japanese Communist Party. All right reserved.