あったか連帯ウェブ 日本共産党参議院議員山下よしき
トップページ ご意見・ご要望をお寄せくださいサイト内検索


■新着情報■

石巻で仮設住宅調査 水道管の凍結が深刻です  

2012年02月02日

photo 朝、目覚めると一面の雪景色。一晩で15センチほど積もっていました。昨日に続き宮城県で仮設住宅の調査。きょうは石巻市の開成、押切沼、新境谷地の3カ所の仮設団地を訪問。

 お風呂の「追い炊き」問題とともに、このところの寒波による水道管の凍結問題が深刻になっていました。「水道が5日間とまったままになっていました」との声もありました。

photo 開成団地のお世話係りをかってでている佐藤くにこさん(写真右)を訪問。水澤富士江石巻市議(同左)と。28日から水道管が凍結。30日に業者が来て温風を床下に送って解かしてくれたそうです。

photo 佐藤さんの仮設棟の端にある集会所にはポリタンクに入った水が運び込まれていました。水道管が凍結した住民が使います。

photo 押切沼団地で、凍結した水道管の解氷作業を見ることができました。ジョットヒーターの温風をダクトを通して床下に入れます。

 作業員の方に聞くと、1軒当たり30分〜3時間の時間がかかるとのことでした。冷たい風が当たりやすい場所が凍結がひどいそうです。

photo 石巻広域管工事業協同組合の今野専務理事にお話をうかがいました。地元の水道業者が施工したのは各仮設の受水槽までで、そこから各戸へ配管はプレハブ住宅会社が水道管凍結を知らない関東や関西の下請けにまかせた点など、プロの目から見た問題点と対応策を聞くことができました。

photo 管工事業共同組合で教えてもらった水道管凍結防止のための「水抜き栓」を見せてもらおうと、新境谷地団地へ。水澤市議が雪をどけると…

photo 水道メーターの隣に「水抜き栓」がありました。この栓(3方弁)を閉め、水道の蛇口を開けると、蛇口から栓までの間の水が抜け、凍結しないようになっています。はじめてみました。途中に水がたまらないように配管されているかも問題のようです。なるほど。
 


 石巻での調査は、昨年当選された三浦一敏宮城県議が水澤市議と電話で連絡をとりながら段取をとってくれました。おかげできわめて的確な調査ができました。感謝です。

 その後、宮城県庁で担当部局からレクチャーを受け、国への要望などを聴きました。横田有史、遠藤いく子、天下みゆきの各県議が同席してくれました。県議選で2人から4人に倍増した党県議団の力を感じました。

感想をお寄せください。(メールニュースなどで紹介する場合があります)
■おなまえ
 ※必須
■ペンネーム(ハンドルなどを匿名希望の場合ご記入ください)
 
■メールアドレス《email》
 ※必須
■ご感想(300字まで)
 

   
ページ最上部へ   トップページへ    

 ■山下芳生国会事務所  〒100-8962 東京都千代田区永田町2-1-1 参議院議員会館1123号室 TEL:03-6550-1123 FAX:03-6551-1123

 日本共産党国会議員団近畿ブロック事務所〒537-0025 大阪市東成区中道1-10-10ホクシンピース森ノ宮102 TEL:06-6975-9111 FAX:06-6975-9115

本サイトへのリンクや、文書・写真などの複製・転載などにつきましては、事前にご連絡をくださるようお願い致します。
Copyright since 2003, Japanese Communist Party. All right reserved.