あったか連帯ウェブ 日本共産党参議院議員山下よしき
トップページ ご意見・ご要望をお寄せくださいサイト内検索


■新着情報■

TVタックル放送 小田実さんが生きていたら ミャンマーからの手紙 手作りのハンコ

2012年02月28日

photo 27日夜、先日収録した「TVタックル」が放送されました。ご覧になっていただけましたか?1時間15分の収録を45分程度に編集して放送されたのですが、私の発言は、橋下徹・大阪市長による「思想調査」の告発批判もふくめ、カットされずに大部分放送されました。
 
 大学生の学力「低下」、「ゆとり教育」、教育委員会制度、橋本・維新の会の「教育改革」についての討論も、私の発言を要領よく活用してくれありがたかった。ぜひご感想をお聞かせください。

 さて、この間発表された「維新八策」と称する橋下・維新の会の国政政策をみると、「日米同盟基軸」「TPP参加」など「アメリカいいなり、財界いいなり」の古い政治そのものであることが浮き彫りとなっています。

 その橋下氏をまるで救世主のごとく連日持ち上げるメディアの中で、「思想調査」はじめ彼の政治の危険な本質をビシッと批判する仕事は、この国の民主主義を守り、真の新しい政治を実現するうえでますます重要だと感じています。

 これからもその立場でがんばりますので応援よろしく!

photo ★同じく27日、17年前の阪神・淡路大震災のあと、市民と議員が共同して被災者支援法をつくる運動のなかで知り合った東京の今村さん、玄さんが、鉢植えのかわいいお花を携えて議員会館を訪ねてくれました。ちょうど私の誕生日だったのでうれしさも倍増です。

 クリスチャンでもある今村氏は、大阪の政治状況を「笑顔のファシストがひたひたと迫ってくるようだ」と語られましたが、被災者支援法づくりでいっしょにたたかった作家の故・小田実さん(大阪市出身です)が御存命なら、いまの橋下・維新の会の動きをどう批判されたでしょうか?

 玄さんと同じく、「山下さん、大阪でなにしてるんだ!?」と叱られているかもしれませんね。

photo ★先日、来室された大阪・寝屋川で被爆者運動をされているMさんから、忘れ物を届けたお礼にと、手作りの石のハンコが送られてきました。とても味わいのある彫りです。大切に使わせていただきたいと思います。ありがとうございました。

photo ★先日、一緒に食事をしたミャンマーの手話通訳者のみなさんからお手紙が届きました。ミャンマーに帰られて引き続き研修に励んでいらっしゃるようです。写真の生きいきした表情から、日本での研修が充実したものであったことが伝わってきました。みんながんばれ!



感想をお寄せください。(メールニュースなどで紹介する場合があります)
■おなまえ
 ※必須
■ペンネーム(ハンドルなどを匿名希望の場合ご記入ください)
 
■メールアドレス《email》
 ※必須
■ご感想(300字まで)
 

   
ページ最上部へ   トップページへ    

 ■山下芳生国会事務所  〒100-8962 東京都千代田区永田町2-1-1 参議院議員会館1123号室 TEL:03-6550-1123 FAX:03-6551-1123

 日本共産党国会議員団近畿ブロック事務所〒537-0025 大阪市東成区中道1-10-10ホクシンピース森ノ宮102 TEL:06-6975-9111 FAX:06-6975-9115

本サイトへのリンクや、文書・写真などの複製・転載などにつきましては、事前にご連絡をくださるようお願い致します。
Copyright since 2003, Japanese Communist Party. All right reserved.