あったか連帯ウェブ 日本共産党参議院議員山下よしき
トップページ ご意見・ご要望をお寄せくださいサイト内検索


■新着情報■

骨抜き派遣法案に… 消費税増税で地方はどうなったか 保育所給食の放射線検査を国が支援することに 福島特措法案の修正で魂が入った   

2012年03月28日

Yahoo!ブックマークに登録

photo 朝、本会議で骨抜き派遣法案の採決。採決直前、座席が2つとなりの舛添要一元厚労相が声をかけてきました。「私が大臣のときにつくった法案より悪いよなあ」

 じつは、舛添厚労相時代、私は若者たちの間に広がる「日雇い派遣」の実態を委員会で紹介。舛添氏は「あってはならないことだ」と答弁し、その後「日雇い派遣」を一部禁止する法案を提出した経緯があります。

 その氏が自民党大臣時代につくった法案より「悪い」というのですから、一体何のための政権交代だったのか、この問題でも問われます。法案は民主、自民、公明などの多数で成立させられました。日本共産党、社民党、みんなの党は反対。

 ★午前、総務委員会。消費税増税が景気悪化を招いて地方税収を落ち込ませ、地方財政の運営をいっそう困難に陥れるとただしました。

 現に、消費税を5%に引き上げる前の1996年度と2010年度の地方税収を比べると、地方消費税は2・6兆円増えているのに、地方税収は全体で35兆円から34兆円に1兆円も落ち込んでいます。

 私は「消費税を増税しても景気が落ち込めば、地方消費税以外の税収は大きく減る」と指摘し、地方財政に与える影響を見ないまま増税に踏み切ることは許されないと追及。川端達夫総務相は「どういう影響がでるか慎重に目配りすることが重要」と答弁しました。

 「目配り」ではなく消費税増税をきっぱり中止すべきです。

 ★お昼、福島原発事故による放射線から子どもたちを保護する法案について、復興特の与野党各会派の代表で法案の1本化をめざす協議。昨日から断続的に開かれています。

 子どもたちを守るために党派を超えて知恵を出したいと思います。

 ★午後、復興特で質問。朗報です。福島県の保育所給食の放射線検査について、厚生労働省の藤田一枝政務官は「(国が全額出資する)安心子ども基金を活用し、検査機器の整備が可能と、昨夜福島県に連絡した」と答弁しました。

 何回か前の質問から通告しておいたもので、質問前に政務官から「おかげでいい答弁ができるようになりました」と話がありました。小中学校給食の放射線測定をする自治体への財政支援についで一歩前進です。

 次いで、福島復興再生特別措置法案について修正案提出者(衆院議員)に質問しました。まず、福島の復興・再生が「これまで原子力政策を推進してきたことに伴う国の社会的責任を踏まえて行われるべきこと」との文言が追加修正されたことで「法案に魂が入った」と評価。

 そのうえで、農林水産業の復興・再生について「地域資源を活用した取組の推進」が追加修正されたことに、どのような思いが込められ、具体的にどのような施策の実現が求められているか問いました。

 福島県選出の吉野正芳衆院議員(自民)の答弁からは、”生産者は生産してこそ生産者である”との熱い思いが伝わってきました。私も昨年末訪問した福島県伊達市の農家のみなさんの言葉を紹介。福島再生へ、党派を超えて力を合わせることの大事さをあらためて感じることができました。

感想をお寄せください。(メールニュースなどで紹介する場合があります)
■おなまえ
 ※必須
■ペンネーム(ハンドルなどを匿名希望の場合ご記入ください)
 
■メールアドレス《email》
 ※必須
■ご感想(300字まで)
 

   
ページ最上部へ   トップページへ    

 ■山下芳生国会事務所  〒100-8962 東京都千代田区永田町2-1-1 参議院議員会館1123号室 TEL:03-6550-1123 FAX:03-6551-1123

 日本共産党国会議員団近畿ブロック事務所〒537-0025 大阪市東成区中道1-10-10ホクシンピース森ノ宮102 TEL:06-6975-9111 FAX:06-6975-9115

本サイトへのリンクや、文書・写真などの複製・転載などにつきましては、事前にご連絡をくださるようお願い致します。
Copyright since 2003, Japanese Communist Party. All right reserved.