あったか連帯ウェブ 日本共産党参議院議員山下よしき
トップページ ご意見・ご要望をお寄せくださいサイト内検索


■新着情報■

昨日の首相との論戦が「東京」の記事に 消費税増税法案閣議決定 

2012年03月30日

Yahoo!ブックマークに登録

photo 昨日(29日)の野田首相との論戦がけさの「東京」でとりあげられていました。「記者観論記」という囲み記事でタイトルは「首相は詭弁をやめよ」。出だしの部分を紹介すると・・・

 「消費税率を引き上げると景気が良くなる―。野田佳彦首相は29日の参院総務委員会で、社会保障と税の一体改革に関し、こんな珍説を披露した。
 共産党の山下芳生氏は1997年に消費税が3%から5%に引き上げられた後、景気が悪化し、税収も大きく落ち込んだデータを示し、『消費税増税が景気悪化の引き金を引いたと認めるか』とただした。
 首相は『消費税を引き上げることで社会保障の将来像に不安がなくなる。消費が喚起され、経済が活性化される可能性もある』と反論した。
 首相の言葉に、どれだけの国民がうなずくだろうか」

 よくみてくれています。私が示した「データ」とは、1997年の消費税増税後、@地方税収全体が1兆円も減少し、A住宅着工件数が3分の2に落ち込み、B市町村の国民健康保険料の収納率低下に拍車がかかったという3つです。

 ところが野田首相はこうした事実を無視し、先の「珍説」を展開したのです。

 そしてきょう、首相は消費税を10%に引き上げる消費税増税法案を閣議決定し、国会に提出。その後記者会見を開き「不退転の決意」を語りました。

 直後のNHKニュースは街の声を紹介。高齢者も、若者も、被災地も、消費税増税に「困ります」「反対です」の声が圧倒的に多かった。

 「東京」の記事は次のように結んでいます。

 「実態を反映していない詭弁を繰り返している限り、国民の反発は高まるばかりだ」



 
 

感想をお寄せください。(メールニュースなどで紹介する場合があります)
■おなまえ
 ※必須
■ペンネーム(ハンドルなどを匿名希望の場合ご記入ください)
 
■メールアドレス《email》
 ※必須
■ご感想(300字まで)
 

   
ページ最上部へ   トップページへ    

 ■山下芳生国会事務所  〒100-8962 東京都千代田区永田町2-1-1 参議院議員会館1123号室 TEL:03-6550-1123 FAX:03-6551-1123

 日本共産党国会議員団近畿ブロック事務所〒537-0025 大阪市東成区中道1-10-10ホクシンピース森ノ宮102 TEL:06-6975-9111 FAX:06-6975-9115

本サイトへのリンクや、文書・写真などの複製・転載などにつきましては、事前にご連絡をくださるようお願い致します。
Copyright since 2003, Japanese Communist Party. All right reserved.