あったか連帯ウェブ 日本共産党参議院議員山下よしき
トップページ ご意見・ご要望をお寄せくださいサイト内検索


■新着情報■

防衛・国交相問責を可決 論戦で政府を追いつめます  

2012年04月20日

Yahoo!ブックマークに登録

 20日、参院本会議で田中直紀防衛相と前田武志国土交通相の問責決議案が採決され、私も投票を行いました。

 議場の座席に備えられている「記名投票」用の「木札」(各議員の名前がかかれています)を持ち、「指名点呼」された順番に登壇して投票します。議員にとって国民から負託された投票権の行使は最も大切な行為のひとつです。

 しかも、問責決議案は可決されれば大臣が職を辞することにつながる重いもの。心して「賛成」票(白色の木札。ちなみに「反対」は青色の木札です)を投じました。

 田中防衛相については、在日米軍基地を固定化し、沖縄・名護市辺野古への新基地建設を進めようとしています。国会答弁などから防衛相としての資質と能力が問われることも明らかです。

 前田国土交通相については、八ツ場ダム建設中止の公約をくつがえし建設を強行する方向にふみだしました。大臣の地位を利用した選挙介入についても責任は重大です。

 投票中、壇上の両大臣とも目を閉じていました。投票の結果、野党の賛成多数で両決議案は「可決」されました。

 可決された以上、その重みにふさわしい対応を本人と任命権者である野田首相に求めたい。

 同時に、私たちは審議の全面拒否という自民党の態度にはくみしません。国会は審議の場です。国民の前で論戦を通じて政府を追いつめ、要求を実現していくのが筋です。昨日の総務委員会でも、自民党は「欠席」しましたが、私は出席して論陣を張りました。

 国民が注視する中、各党の態度が問われます。


感想をお寄せください。(メールニュースなどで紹介する場合があります)
■おなまえ
 ※必須
■ペンネーム(ハンドルなどを匿名希望の場合ご記入ください)
 
■メールアドレス《email》
 ※必須
■ご感想(300字まで)
 

   
ページ最上部へ   トップページへ    

 ■山下芳生国会事務所  〒100-8962 東京都千代田区永田町2-1-1 参議院議員会館1123号室 TEL:03-6550-1123 FAX:03-6551-1123

 日本共産党国会議員団近畿ブロック事務所〒537-0025 大阪市東成区中道1-10-10ホクシンピース森ノ宮102 TEL:06-6975-9111 FAX:06-6975-9115

本サイトへのリンクや、文書・写真などの複製・転載などにつきましては、事前にご連絡をくださるようお願い致します。
Copyright since 2003, Japanese Communist Party. All right reserved.