あったか連帯ウェブ 日本共産党参議院議員山下よしき
トップページ ご意見・ご要望をお寄せくださいサイト内検索


■新着情報■

品川革新懇講演/熊野川堆積土砂/子ども・被災者支援法案/兵庫県・大阪府保険医協会

2012年06月09日

Yahoo!ブックマークに登録

photo■6月4日(月)、品川革新懇で「忍び寄るファシズム 大阪維新の会の正体」と題して講演。東京のみなさんがこのテーマで私をお招きいただいたことに感謝と敬意を表し1時間15分にわたってお話。

 270人の方が聴いてくれました。「橋下市長という人は私はTVでしか分かりませんでした。弁護士ということでもっと私たちの味方かと思っていました。いままでは維新の会を応援しようと思っていましたが考え直したいと思います。本日は大変良いことを聞かせていただきました」「さすが共産党です。これからもおかしなことについてどんどん指摘していただきたいと思います」などの感想が届きました。

 よかった。橋下・「大阪維新の会」を支持している若いみなさんにどうアプローチするかなど引き続き探求したいと思います。

photo■6月4日(月)、和歌山から松坂ひでき、高田よしかず両県議が来室。昨年の台風12号によって熊野川に堆積した土砂の撤去について国土交通省よりレクチャーを受けました。

 国、和歌山県、奈良県、三重県と管理者が分かれている熊野川。各県まかせでは土砂撤去が間に合わず、住民の不安が高まっています。レクチャーを踏まえ、県議団と協力して問題解決できるよう力を尽くしたい。

photo■6月6日(水)、福島原発事故の放射線被害から子どもと妊婦を守ることなどを内容とする「子ども・被災者支援法案」の与野党有志議員による協議。3月以来協議を重ねてきたのですがとうとう合意することができました。

 福島をはじめ子どもたちを放射線被害から守りたいという全国のお母さんお父さんたちの声が、政府・与党も含め政治を動かしました。法案を成立させ、政府に実行させることは、3・11が起こった時に立法府に身を置くものの歴史的使命ともいえます。被災地・当事者の声をよく聞きながら最後までがんばります。

photo■6月7日(木)、兵庫県保険医協会の代表が来室。医療機関に莫大な負担となる消費税増税反対の請願とともに、兵庫県立こども病院をポートアイランドに移転する計画の撤回を求める要請でした。ポートアイランドは陸から離れた埋立地。そこに子ども病院が移転すると災害時に役割を発揮できなくなります。

 兵庫県の医師会、歯科医師会、薬剤師会、看護協会、神戸市医師会もそろって反対しています。国政にもかかわる問題として私も本腰入れてとりくみたいと思います。

photo 大阪府歯科保険医協会の代表からも「消費税増税をやめ、医療への『ゼロ税率』を求める」要請書をいただきました。医療機関は消費税を患者の医療費に転嫁できないことになっています。材料をたくさん使う歯科は仕入れにかかる消費税負担が大きいため、増税による診療所の廃業も心配されるとのことでした。

 大阪府保険医協会の代表からは、橋下徹大阪市長が大阪市西成区の生活保護医療扶助を「適正化」するとして発表した「西成特区構想」について説明がありました。生活保護受給者の医療を「頻回受診」「過剰診療」と決めつけて「生活保護の適正化」を図るもので、西成区の生活保護患者を特別扱いしてフリーアクセスを制限することは憲法25条や14条、生活保護制度の趣旨に反する重大な人権侵害です。協会として撤回を求めているとのことでした。

 この間の生活保護に対する攻撃とも軌を一にするものであり放置できません。





感想をお寄せください。(メールニュースなどで紹介する場合があります)
■おなまえ
 ※必須
■ペンネーム(ハンドルなどを匿名希望の場合ご記入ください)
 
■メールアドレス《email》
 ※必須
■ご感想(300字まで)
 

   
ページ最上部へ   トップページへ    

 ■山下芳生国会事務所  〒100-8962 東京都千代田区永田町2-1-1 参議院議員会館1123号室 TEL:03-6550-1123 FAX:03-6551-1123

 日本共産党国会議員団近畿ブロック事務所〒537-0025 大阪市東成区中道1-10-10ホクシンピース森ノ宮102 TEL:06-6975-9111 FAX:06-6975-9115

本サイトへのリンクや、文書・写真などの複製・転載などにつきましては、事前にご連絡をくださるようお願い致します。
Copyright since 2003, Japanese Communist Party. All right reserved.