あったか連帯ウェブ 日本共産党参議院議員山下よしき
トップページ ご意見・ご要望をお寄せくださいサイト内検索


■新着情報■

阪神・淡路大震災被災者の借り上げ復興公営住宅「追い出し」問題を質問

2012年06月20日

Yahoo!ブックマークに登録

 いい答弁を引き出せました。阪神・淡路大震災の被災者が入居している災害公営住宅のうち、兵庫県と神戸市がURや民間から借り上げた住宅(現在5,900戸)から、「20年の契約期間満了」を理由に被災者が追い出されようとしている問題について災害対策特別委員会で質問しました。

 私は、@災害公営住宅は、借り上げ方式も含めて国の制度であり、国費も投入されている、A退去対象者は80歳、90歳の高齢者や障害者が多く、人道問題である、B兵庫県や神戸市で追い出しを許せば、東日本大震災はじめ今後の災害復興でも同じことが起こる、と指摘。問題を解決するために、国が主導して、県・市と相談・調整し、必要な支援策も検討すべきだと迫りました。

 国交省審議官は、自治体が期間満了に際して、@公営住宅として再度借り上げる、A買い取る、B他の公営住宅に入居できるようにする、という選択肢があると説明。「20年の契約期間満了」を理由に住み替え=追い出ししかないようにいう兵庫県・神戸市の言い分には根拠がないことが明らかとなりました。

 中川防災相もいい答弁を連発。

 「期間満了に際して入居者の居住の安定確保を図っていくということが重要な課題であると認識している」

 「自治体の対応としては、入居者に複数の選択を示していくことも大事なことではないかと思う。入居者の意向を確認していく作業が大切だ」

 「残れる選択肢がないのか、現状を確認しながら、できることをしてみたい」

 「被災者の立場に立って対応していくことが重要だ。国としても自治体としっかり相談して、入居者の居住の安定確保に向けて必要な支援を構築していくべきと考える」

 「人と人とのつながりを持って生活していくということは、被災者の心身の健康とともに自立に向けた意欲の維持向上にもつながっていく。そうしたことを踏まえて重要な問題として対応していきたい」

 大臣答弁にしたがって国が積極的に解決に乗り出すよう、兵庫・神戸の当事者のみなさんとともに引き続きこの問題に取り組みたいと思います。

photo ★年金者組合のみなさんが「年金引き下げ反対」「消費税増税反対」を掲げて全国から集まり集会と国会請願デモ。みなさん活き活きとされ、こちらが元気をもらいました。

 「輝け!命の行進」で大阪から22日間歩いて東京にたどり着いた永井さん(元大阪市労組委員長)とがっちり握手。大阪では橋下大阪市長の「敬老パス」廃止で高齢者の「怒り」が倍増しています。

 

photo ★連日の質問の気分転換に夕食づくり。アサリを買ってスパゲティボンゴレにしました。サラダとワインも少々。いい気分です。

感想をお寄せください。(メールニュースなどで紹介する場合があります)
■おなまえ
 ※必須
■ペンネーム(ハンドルなどを匿名希望の場合ご記入ください)
 
■メールアドレス《email》
 ※必須
■ご感想(300字まで)
 

   
ページ最上部へ   トップページへ    

 ■山下芳生国会事務所  〒100-8962 東京都千代田区永田町2-1-1 参議院議員会館1123号室 TEL:03-6550-1123 FAX:03-6551-1123

 日本共産党国会議員団近畿ブロック事務所〒537-0025 大阪市東成区中道1-10-10ホクシンピース森ノ宮102 TEL:06-6975-9111 FAX:06-6975-9115

本サイトへのリンクや、文書・写真などの複製・転載などにつきましては、事前にご連絡をくださるようお願い致します。
Copyright since 2003, Japanese Communist Party. All right reserved.