あったか連帯ウェブ 日本共産党参議院議員山下よしき
トップページ ご意見・ご要望をお寄せくださいサイト内検索


■新着情報■

一体改悪法案、参院特別委で審議入り 党創立90周年記念講演会

2012年07月18日

Yahoo!ブックマークに登録

 社会保障・税一体改悪法案が参院特別委員会で審議入り。論戦準備しながらTVで聞いていましたが、民主・自民・公明の3党合意以降、民主党と自民党は完全に一体化してしまった感を強くしました。

 消費税増税という“打ち出の小槌”を手にしたとたん、自民党からは整備新幹線、ダムなど大型公共事業の推進を迫る質問が相次ぎました。野田首相はじめ民主党閣僚から反論らしい反論はなし。

 社会保障についても、「自立・自助が基本だ」と自民党に迫られた民主党の長妻元厚労相(社会保障制度改悪推進法案共同提案者)。あっさり「考え方は共有する」と答弁していました。情けない。

 このまま「談合3兄弟」による緊張感のない審議を続けさせるわけにはいきません。国民の怒りと不安を代弁する日本共産党の論戦に乞うご期待!明日は大門議員が質問に立ちます。

photo ★夜、日本共産党創立90周年記念講演会でした。久しぶりに不破哲三社会科学研究所所長と志位和夫委員長が揃って講演されました。

 不破さんは「日本共産党の90年をふりかえる」と題して90年の党史を1時間にぎゅっと凝縮。戦前の天皇制専制政府による苛酷な弾圧、戦後のソ連、中国毛沢東派からの激しい干渉など、私たちの先輩たちは試練に立ち向かうたびに、政治的にも理論的にも組織的にも鍛えられ、再び日本社会に立ち現れました。

 60年間、「アメリカいいなり、財界中心」の古い政治の枠組みから抜けられなかった日本において、日本共産党の躍進は21世紀型の社会変革を促進するカナメとの指摘に深いところから確信が湧いてきました。

photo 志位委員長は「社会変革の事業と日本共産党」と題し、とくに強く大きな党づくりに焦点を当てて講演。最後のシメで、「最大多数の幸福」(マルクス)、「羅針盤を持った航海者」(宮本顕治)など青年運動時代に仲間を増やすときに熱く語った言葉にも触れられ、新鮮な気持ちになりました。

 日本社会を変える新たなうねりが起こっているとき、若い世代を党に迎え入れることに大胆にチャレンジしたい。

 

感想をお寄せください。(メールニュースなどで紹介する場合があります)
■おなまえ
 ※必須
■ペンネーム(ハンドルなどを匿名希望の場合ご記入ください)
 
■メールアドレス《email》
 ※必須
■ご感想(300字まで)
 

   
ページ最上部へ   トップページへ    

 ■山下芳生国会事務所  〒100-8962 東京都千代田区永田町2-1-1 参議院議員会館1123号室 TEL:03-6550-1123 FAX:03-6551-1123

 日本共産党国会議員団近畿ブロック事務所〒537-0025 大阪市東成区中道1-10-10ホクシンピース森ノ宮102 TEL:06-6975-9111 FAX:06-6975-9115

本サイトへのリンクや、文書・写真などの複製・転載などにつきましては、事前にご連絡をくださるようお願い致します。
Copyright since 2003, Japanese Communist Party. All right reserved.