あったか連帯ウェブ 日本共産党参議院議員山下よしき
トップページ ご意見・ご要望をお寄せくださいサイト内検索


■新着情報■

トークイベント「BREAD AND ROSES」にゲスト出演

2012年07月31日

Yahoo!ブックマークに登録

photo

 「BREAD AND ROSES」(私たちにパンと誇りを!)と銘打ったトークイベントにゲスト出演しました。

 主催は河添誠さん(首都圏青年ユニオン書記長)、湯浅誠さん(NPO法人自立支援サポートセンター・もやい理事)たちが立ち上げた「反貧困たすけあいネットワーク」。六本木のライブハウスに集まってきた若者たちと軽く飲んだり食べたりしながら音楽とトークを楽しみました。

 せっかくなので一方的に「演説」するのはやめて、会場から質問を出してもらうことに。

 まずは「原発や消費税も大事だけど若者の最大の関心は雇用。職場で働く権利が守られていない。僕も会社を辞めてしまった。雇用問題についてどう考えてますか」という質問。

 のっけからいい質問です。5年前(2007年)に若者の「日雇い派遣」問題を調査・質問した時のことをおはなし。「登録型・日雇い派遣の若者の集合場所に調査に行きました。えーっとなんていう駅だったかなあ。ディズニーランドの手前だったんだけど…」と困っていると、会場から「西船橋?」「○○?」と次々駅名が。そして「二俣新町?」の声が。「そうそう、二俣新町です」と思い出しました。

 きっと自分あるいは友人が日雇い派遣で通った駅なんでしょうね。派遣で働く若者の実態、年越し派遣村(2008年暮れ)、政権交代、若者が期待した派遣法抜本改正の骨抜きなどざっと振り返り、若者の劣悪な雇用は若者個人の意欲や能力の問題ではなく政治と社会の問題であることを強調、人間らしく働けるルール・法律をつくること、法律を職場で生かすためにたたかうこと、そのために労働組合に入ることが大切であることを訴えました。

 会場とネット視聴者から質問が次々と出されます。思い出せるものを紹介すると…

 「反原発の市民デモが大きくなってきた。共産党がサポートしてほしい」
 「行政が公園から野宿者を退去させることについてどう思う?」
 「法案の審議で教科書に書いてないことを教えて」
 「山下さんはいつも髪をビシッと分けてるけど朝やり直すことはあるの?」(笑)
 「国会議員は政府法案に賛成反対するだけで自分で法律は作らないんですか?」
 「消費税や原発再稼働に反対している共産党には絶対に伸びてほしい。どうやって伸びますか?」

 と、真剣かつ楽しい質問が相次ぎました。

 議員立法については、阪神・淡路大震災のあとの経験を語らないわけにいきません。阪神・淡路大震災の年(1995年)に初当選した私は、政府に被災者の生活・住宅再建に対する公的支援を求めたのですが、当時の村山首相も橋本首相も「私有財産制の国では個人の財産は自己責任が原則だ」と冷たく拒否しました。被災地と国会を往復しながら政府の分厚い壁を前に「国会議員はこんなにも無力なのか」と一時落ち込んだこともあります。しかし、被災者と議員が共同して「政府がやらないなら自分たちで法律をつくろう」と市民=議員立法運動に取り組むなかで被災者生活再建支援法(全壊世帯に100万円。ただし住宅再建には使えず)ができました。その後の大災害の被災者運動で「全壊世帯に300万円」に抜本改正され(2007年)、いま東日本大震災の被災者の生活再建の支えとなっています。

 「市民と議員がスクラム組んでがんばれば、どんなに厚い壁も動かすことができる。これが私の確信です」と語ると会場から大きな拍手が。伝わったみたいでうれしい!

 「期待にこたえて日本共産党が伸びるためには、反対とともに展望、ビジョンを語ることが大事だと考えています。消費税に頼らなくても社会保障を充実させ財政危機を打開できる別の道があることを訴えています」にもみんな大きく頷いて共感してくれました。

 短い時間だったけど、若い人たちの政治に対する思いを直に聞き、私たちのメッセージを伝えることができてすごく有意義でした。質問してくれたみなさん、司会の河添さん、湯浅さん、素敵な演奏をしてくれたクロマニヨンのみなさん、ありがとう!また呼んでください。いつでもOKです。

感想をお寄せください。(メールニュースなどで紹介する場合があります)
■おなまえ
 ※必須
■ペンネーム(ハンドルなどを匿名希望の場合ご記入ください)
 
■メールアドレス《email》
 ※必須
■ご感想(300字まで)
 

   
ページ最上部へ   トップページへ    

 ■山下芳生国会事務所  〒100-8962 東京都千代田区永田町2-1-1 参議院議員会館1123号室 TEL:03-6550-1123 FAX:03-6551-1123

 日本共産党国会議員団近畿ブロック事務所〒537-0025 大阪市東成区中道1-10-10ホクシンピース森ノ宮102 TEL:06-6975-9111 FAX:06-6975-9115

本サイトへのリンクや、文書・写真などの複製・転載などにつきましては、事前にご連絡をくださるようお願い致します。
Copyright since 2003, Japanese Communist Party. All right reserved.