あったか連帯ウェブ 日本共産党参議院議員山下よしき
トップページ ご意見・ご要望をお寄せくださいサイト内検索


■新着情報■

民自公「増税大連合」に闘争宣言 内閣不信任決議案の討論・採決 尼崎アスベスト訴訟院内報告会

2012年08月09日

Yahoo!ブックマークに登録

 これほど国民不在の党利党略はありません。昨夜、野田首相と自民党・谷垣総裁、公明党・山口代表が会談し、消費税増税法案を「早期に成立させる」ことで合意しました。

 これは完全なる「増税大連合」宣言です。しかも、公約にも民意にも背く「国民不在」の「増税大連合」です。

 しかし、国民多数の消費税増税反対の声を代弁して日本共産党を含む野党7党が提出した野田内閣不信任決議案(衆院)、野田首相問責決議案(参院)が、民自公3党に大きな衝撃を与えたことはまちがいありません。私たちは、増税法案を阻止するために最後の最後まで国会で堂々とたたかいます。

 仮に、法案が強行されたとしても、国民の暮らし、とりわけ所得の低い方々の暮らしと中小企業の営業を破壊し、日本の経済と財政を破壊する消費税増税を実施するまでには、必ず衆院と参院の選挙があります。

 現在の国会の中では「増税大連合」勢力が多数でも、有権者の中ではそうではないことを、選挙を通じて証明しようではありませんか。そして国会の力関係を変え、消費税増税を国民の力で止めようではありませんか。

 あらためて、満身の怒りを込めた闘争宣言です。

 ★午後6時から衆院本会議を応援傍聴。内閣不信任決議案に対する討論・採決が行われました。

 日本共産党の志位委員長は野田内閣「5つの大罪」(消費税増税、原発再稼働、オスプレイ配備、TPP推進、公約違反)を挙げ堂々の「賛成」討論。決議案を共同提案した各野党の「賛成」討論も力が入っていました。

 対して民主党の「反対」討論はいかにも自信なさそう。自民・公明は情けない「退席」。決議案は賛成少数で否決されましたが国民の中では多数派だと確信しました。

 直後、衆院議面集会。民自公3党を崖っぷちまで追い詰めたことに確信をもって、次の段階のたたかい(総選挙と参院選挙)に臨もうと元気よくエールの交換。みんな表情は明るかった。

photo

photo ★午後、尼崎アスベスト訴訟院内報告集会に参加しました。大手機械メーカー・クボタ旧神崎工場から飛散したアスベストによる周辺住民の健康被害について、企業責任を認めた画期的判決(7日)をうけて行われました。

 原告団、弁護団から判決の詳しい内容を聞きました。国の責任を認めなかったなど不十分な点もありますが、企業の活動や国の産業政策が国民の健康よりも優先される社会を変えるために生かせる内容の判決です。関係者に敬意を表したいと思います。

 今回の判決も生かし、泉南アスベスト訴訟などすべてのアスベスト被害者の救済に向け、私もがんばりたい。

感想をお寄せください。(メールニュースなどで紹介する場合があります)
■おなまえ
 ※必須
■ペンネーム(ハンドルなどを匿名希望の場合ご記入ください)
 
■メールアドレス《email》
 ※必須
■ご感想(300字まで)
 

   
ページ最上部へ   トップページへ    

 ■山下芳生国会事務所  〒100-8962 東京都千代田区永田町2-1-1 参議院議員会館1123号室 TEL:03-6550-1123 FAX:03-6551-1123

 日本共産党国会議員団近畿ブロック事務所〒537-0025 大阪市東成区中道1-10-10ホクシンピース森ノ宮102 TEL:06-6975-9111 FAX:06-6975-9115

本サイトへのリンクや、文書・写真などの複製・転載などにつきましては、事前にご連絡をくださるようお願い致します。
Copyright since 2003, Japanese Communist Party. All right reserved.