あったか連帯ウェブ 日本共産党参議院議員山下よしき
トップページ ご意見・ご要望をお寄せくださいサイト内検索


■新着情報■

愛媛・東温市、松山市で講演 

2012年09月23日

Yahoo!ブックマークに登録

photo22日、鳥取・大山寺から夜のうちに車で岡山へ移動し宿泊。翌23日朝、岡山からJR特急しおかぜで愛媛・松山へ。

松山市は、小学校4〜5年生時代、道後小学校に通った私にとって懐かしい場所。久しぶりの松山城はとても大きく見えました。

photo★まず、松山市の隣の東温市で10月にたたかわれる市議選にむけた「国政・市政報告会」。40年余議員として奮闘された佐伯つよし市議から、合併前の町議でもあった森しんいちさんにバトンタッチする選挙です。

伊方原発の危険を徹底的に追求するなかで原発ゼロを求める意見書を全会一致で決議したり、子どもの医療費無料制度を拡大するなど、市民にとってなくてはならない宝の議席。なんとしても守らせてほしいと訴えました。

photo★続いて、松山市で衆院愛媛1区の「躍進をめざすつどい」。田中かつひこ・衆院愛媛1区予定候補のわかりやすい訴えに続き50分あまり講演したのですが、国政にかかわってお話したいことはいま山ほどあります。

冒頭、いちばんホットな尖閣問題で志位委員長が中国大使と会談し日本政府に申し入れを行った内容と「もう外交は共産党に任せたほうがいい」などの反響を報告。節々で拍手が起こるなど会場は熱い反応でした。

続いて、「アメリカ・財界中心」の政治から抜け出したらどんな展望が開けるか――@消費税増税でない「別の道」がある、A「即時原発ゼロ」は必要だし可能、BTPP、オスプレイ配備の根底にある安保条約をなくしたら…、という流れでお話。これも深い共感と納得を得られた感じでした。

最後に、「政党らしい政党」とは何かが問われているのでは?と問いかけ、橋下・「維新の会」の過激な「新自由主義」、独裁強権政治と正面から対決する日本共産党と、「維新の会」に擦り寄る民主・自民・みんなの党の現職国会議員、協力する公明党について、大阪市職員「思想調査」問題での国会質問も紹介しながら訴えました。ここは特に力が入りました。

「久しぶりにいい話を聞きました」(年配の男性)、「尖閣でも維新の会でも共産党がいちばんスジが通っていると思いました」(若い男性)など、みなさん元気になってくださったようでよかった。がんばりましょう!


感想をお寄せください。(メールニュースなどで紹介する場合があります)
■おなまえ
 ※必須
■ペンネーム(ハンドルなどを匿名希望の場合ご記入ください)
 
■メールアドレス《email》
 ※必須
■ご感想(300字まで)
 

   
ページ最上部へ   トップページへ    

 ■山下芳生国会事務所  〒100-8962 東京都千代田区永田町2-1-1 参議院議員会館1123号室 TEL:03-6550-1123 FAX:03-6551-1123

 日本共産党国会議員団近畿ブロック事務所〒537-0025 大阪市東成区中道1-10-10ホクシンピース森ノ宮102 TEL:06-6975-9111 FAX:06-6975-9115

本サイトへのリンクや、文書・写真などの複製・転載などにつきましては、事前にご連絡をくださるようお願い致します。
Copyright since 2003, Japanese Communist Party. All right reserved.