あったか連帯ウェブ 日本共産党参議院議員山下よしき
トップページ ご意見・ご要望をお寄せくださいサイト内検索


■新着情報■

青学連のみなさんと「即時原発ゼロ」提言で懇談

2012年10月19日

Yahoo!ブックマークに登録

photo若いみなさんたちといい意見交換ができました。17日、「『即時原発ゼロ』の実現を――日本共産党の提言』(9月25日発表)を持って中央青学連(明るい革新日本をめざす中央青年学生連絡会議)を訪ね、説明・懇談。

まず私から、@「即時原発ゼロ」がなぜ必要か、A本当に可能なのか、を中心に15分ほどで提言のポイントを説明。

提言を見ながら聞いてくれた若いみなさんはそろって「いいと思います」「勉強になりました」「ぐうの音も出ない。まったくそのとおり」など大歓迎してくれました。

とくに、
「立地県の学生が集めた住民アンケートでは『原発がなくなったら不安』『本当にできるのか』という声がある。それに対して『できるんだ!』と自信を持って提起している。根拠を持って運動に取り組める」(民青同盟)
「漠然と『原発ゼロ』にと思っている人に、なぜゼロか、ゼロにすすむにはというポイントが示されている」(国交労連の青年)
「みんな『原発はない方がいい』と考えているけど、自信を持って言える、根拠を持って言えるようにするには学びが必要。その点で重要な提言」(全教の青年)
との感想が相次ぎました。

提言の「B『即時原発ゼロ』は可能――エネルギーと日本経済の未来をこう考える」の内容が、若者たちの「ゼロ」の願いを後押しする力を持っていることを確認できてうれしい!

「再生可能エネルギーに大企業が乗り出してきたら地域の実情と合わないのでは?」などの質問とともに、「提言を実現するには国会の力関係を変える必要があるのでは?そのあたりの戦略も聞かせてほしい」との声も。

「先日、日本共産党として『議席倍増』めざしてがんばる方針を決めました」と報告すると、「おおーっ」と青年たちの目が輝きました。

青年の「即時原発ゼロ」の願いを実現するためにも、日本共産党の躍進をなんとしても成し遂げたい!

感想をお寄せください。(メールニュースなどで紹介する場合があります)
■おなまえ
 ※必須
■ペンネーム(ハンドルなどを匿名希望の場合ご記入ください)
 
■メールアドレス《email》
 ※必須
■ご感想(300字まで)
 

   
ページ最上部へ   トップページへ    

 ■山下芳生国会事務所  〒100-8962 東京都千代田区永田町2-1-1 参議院議員会館1123号室 TEL:03-6550-1123 FAX:03-6551-1123

 日本共産党国会議員団近畿ブロック事務所〒537-0025 大阪市東成区中道1-10-10ホクシンピース森ノ宮102 TEL:06-6975-9111 FAX:06-6975-9115

本サイトへのリンクや、文書・写真などの複製・転載などにつきましては、事前にご連絡をくださるようお願い致します。
Copyright since 2003, Japanese Communist Party. All right reserved.